2013年10月29日

淡路島の香司の お香

淡路島で作られるお香は、国内生産の7割を占めるそうです。
それはお香作りが始められてから160年余り、伝統の製法をかたくなに守り続け、
技を磨いてきた職人たち「香司」の努力のたまもの。

厳しい品質管理のもと、香司の技と誇りによって生まれたお香
「あわじ島の香司 厳選セレクション」から「お茶」「古風」「」を入荷しましたkirakira.bmp
淡路島 香司のお香

このお香は海外にも展開していけるように Jpanブランド「あわじ島の香司」として、
淡路島のお線香業者さんたちが協力しているようです。
それぞれ自信と誇りを持っているので、一つのブランドとして活動するのは難しいでしょうに、
こういう場がいいライバル意識になって技の向上につながり、
淡路島のお香作りの伝統を守りながらお香産業が発展していくといいですね。

お店で仕入れたお香を全て焚いてみるわけではないけれど、この3つは試してみました。
どれも落着きのあるやさしい香りですが、私は「杉」が好みかな。
杉といっても杉をイメージした香りですが、
白檀がベースになっているのが感じられて落着きます。 
香りの好みは個人差があるので参考までにfutaba_02.bmp
posted by konoka at 13:15| Comment(0) | お店の商品 - 森の香り・アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

紙せっけん

幼い頃の憧れだった 紙せっけん。

知らない世代もいると思いますが、私にとってはとても懐かしいもの。
fu fu、 な〜んとなく世代が想像できますね。 (^^ゞ
当時の女の子はみんな持っていたんじゃないかと思います。
石鹸のいい香り〜に癒されて、持っているだけで幸せ気分になっちゃうheat-tobi.gif
なんだか少し素敵なお姉さんになったような気になっちゃう。
勿体なくて使えないで、いつの日か気づいた時は、くっ着いて剥がせなくなっていました。
昔の紙せっけんは、透明の固形石鹸を薄くスライスしたようなものだったから、
私のような勿体ながり屋さんは、同じような経験をしたんじゃないかと思います。

懐かしさでいっぱいの紙せっけん
装いも新たに、ちょっとレトロな薔薇の包みで登場しましたkirakira.bmp
紙せっけん - はなはな

紙石鹸って案外便利なんですよね。
外出先で手を洗いたいのに液体ソープが無かったり、そんな時や、
公園の手洗いなどの石鹸がないところでも手軽に手を洗えます。
不織布みたいに見えるけど、水に濡らすとスーッと溶けてゴミになりません。
溶けてなくなる前に泡立てて洗ってくださいね。
香りは昔懐かしい石鹸の香り。 
バッグに一つ入れておくと便利ですよ。 旅のお供にもどうぞonpu_01.gif

ラベル:紙石鹸
posted by konoka at 17:52| Comment(0) | お店の商品 - 和紙雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

ほうれん草 その後

大型台風が通り過ぎて、朝9時頃まで強い風が吹き荒れてましたが
東京はだいぶ着いています。 皆さんは大丈夫でしたか?

強風と共にお向かいのイチョウの葉が舞って…というか ブォーオー!と舞い上げて、
まだ緑色の葉っぱがベランダに沢山集まっています。
お庭にもギンナンがいっぱい落ちてオレンジ色になっています。(黄色に見えるけど)
銀杏
食べたい。  どうせなら葉っぱだけじゃなくてギンナンも飛んできて〜!
あ、イヤイヤなんて事言ってんだろう。 飛んで来てグチャッと潰れたりしたら大変だ!
家の中がアノの臭いで充満しちゃうじゃないの。
お向かいさんは野菜も育てていて、無人野菜の販売もやっているんです。
銀杏も販売しているのに早めに落ちちゃって大丈夫なのかな。それとも手間が省けた?
コレ、拾うの大変だろうな。。。

さて、
家の中に非難させていたうちのベランダ菜園のプランターも先ほど出してやりました。
ほうれん草は発芽から21日目。
10月とは思えない数日の猛暑で枯れてしまうかと思ったけど持ち堪えてくれました。
二葉からも、やっと法蓮草らしい葉が出てきてひと安心。 なぜか真ん中だけ成長。
ルッコラと法蓮草

プランターだとこうやって出し入れできるけど、畑はそうはいかないから
農家は本当に大変だなーと思います。
自分で野菜を育ててみると、子育てと同じような気持ちになるから
それが台風でいっぺんにダメになったりしたらどれだけ悲しいことか、
今まで以上にそう感じるようになりました。
今回の台風で作物はどれだけの被害を受けているのだろう…。
毎日大切に育ててきた野菜たち、大した被害を受けていないといいですね。
posted by konoka at 12:11| Comment(0) | ベランダ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

ヒノキのお香を作ってみた

5〜6月にお香教室で、練香・印香・塗香など、色々なお香の作り方を教わりました。
線香も、白檀や沈香などの香木と椨(タブ)粉だけで作る高級なものから、
天然の香原料と混ぜて作るもの、また香水などの合成香料を使ったものなど、
それによって値段も随分違ってくることを知りました。
数か月経ち、久しぶりに焚いた白檀のお香は良い香りがしていました。

実はお香作りを習っていて、ふと試してみたいと思ったことがあったのですpika.gif
のり材の役割をしている椨粉を檜の粉で作れないのかな?
檜は結構オイルを含んでいるから糊の役割をするんじゃないかな…
それができるなら、ヒノキの精油を入れて作りたいな〜
ということで、頂いた檜の粉で先日作ってみました。

無謀にも、最初は椨粉を使わずに檜の粉だけで。 香りはヒノキ精油kirakira.bmp
ところが…ダメ。 纏まらない。 ポロポロほぐれて形にならない。
それでも意地で頑張ったけど、どうしようもなくて途中で椨粉を混ぜました。
手前がヒノキだけ。 奥が椨粉を混ぜたもの。
「木の粉」という点は同じでも、やっぱり粘度が違うんですね。
椨粉を入れたら、急に纏め易くなりました。 
手作りヒノキのお香

それから約一週間、お香が乾いたので焚いてみましたよ。 
それがね。 モクモク、モクモク。 凄い煙。 ちょっと煙が多すぎてダメだこりゃ!
ヒノキの香りより、木が燃える匂いの方が勝っちゃってる。
椨粉を混ぜた方には檜の香りを邪魔しないように龍脳を少し入れて、
焚く前はとてもいい香りだったのに…残念down01.gif
やっぱり、お香の調合はとても難しいものなんですね。
ヒノキの精油や粉を混ぜても檜の香りそのものの香りがバン!と出る訳でなく、
焚いてみてヒノキのイメージに近づくように、ブレンドを工夫しているんですね。
うーん、難しい。 今回は失敗ということで、でもまたチャレンジしてみようと思いますonpu_02.gif
ラベル: 手作り
posted by konoka at 13:59| Comment(2) | 手作り * お香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

檜の香りのお香「盆栽の庭」

ヒノキの香りのお香「盆栽の庭」を入荷しましたkirakira.bmp
薫寿堂さんのお香「5つの庭シリーズ」は、ヨーロッパから見た日本のイメージを
表現して作らました。
海外の方も楽しめるように説明書きも5か国語で書かれています。
その中から ヒノキの香りをチョイスしました。 とてもやさしい香りです。  
メール便もご利用できますので、どうぞお試しくださいねonpu_02.gif

お香 - 檜の香り

ラベル:ヒノキ お香
posted by konoka at 13:25| Comment(0) | お店の商品 - 森の香り・アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

肌掛け羽毛布団の洗濯

もの凄くいい天気kirakira.bmp    これは洗濯するっきゃない! 
と、夏にやる予定でタイミングを逃していた肌掛け羽毛布団を洗濯しました。 
お風呂場で洗うの。 浴槽に毛糸用洗剤を入れて、足で踏み踏み。 
原始的な方法だけどチャグチャ音を立てながらフミフミ。
シャワーを掛けながらまたフミフミして 2枚洗いました。 結構いい運動だったase01.gif

羽毛布団の洗濯

はぁー、天気のいい日にいっぱい洗濯もの干すってなんて気持ちいいんだろうonpu_01.gif
安もんのフェザーだから重たくて下に寄ってるけど、乾いてくれば元どおりになります。
日差しが強いから、なんとか今日中に乾いてくれると思うけど…イヤ乾いてほしい。

台風が近づいて風が強いせいか、洗濯物がバタバタ音を立てています。
これならきっと大丈夫だね。 でもかなり強いよ。
ちょっと心配で見てみたら、ピンチが2個外れてました。 あぶない、あぶない。
と安心するや、あー!!  Tシャツが1枚なーい!。  どこどこ、どこ行った? 
ありました。…お隣さんのお庭に落ちていました。
風に飛ばないハンガーなのになー、シャツだけ飛んでっちゃったよ。 あぁ…down01.gif
これからお隣のお婆ちゃんちに謝りに行ってきます。 では。

 

posted by konoka at 12:19| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

ルッコラと法蓮草

10日前に発芽した法蓮草が気になって、毎日何度も観察しているのです。
これは発芽から二日目。 
まだ種の帽子をかぶったままの芽が、まるでダンスしながら成長しているみたい。
それも恰好いいダンスじゃなくて、「あれよ♪ ほらさー♪」 みたいな。
ね、そんな風に見えてくるでしょ。
法蓮草の発芽 - 2日目

そうやって楽しみながら、今日はもう10日目。 こんなになったよkirakira.bmp
ルッコラと法蓮草の芽

ルッコラもわんさかでしょ。でも所々穴が開いててよーく見たら、1cmにも満たない
青虫を見つけました。 こんな香りの強い野菜でも青虫って着くんですね。

法蓮草は葉がスリムで、なんか法蓮草じゃないみたい。
久しぶりに帰ってきた息子に 「ねえ、これなんだと思う?」って自慢げに聞いたら
「アレでしょ。 猫が食べるヤツ」 ときた。 もうdown01.gif
確かにアレに似ているけど、なんで猫飼ってないのにプランターで育てるんだ?っていうの。
母さんがサラダにして食べるのよー。
カワイイ、可愛い♪ って育てながら赤ちゃんのうちに食べちゃうのさ。
でも本当に八百屋さんで売っている法蓮草みたいな葉になるのかなぁ。
あやしくなってきた。 一応 オーライ という品種ですが…。 
また楽しみにして、ルッコラと一緒に摘みたて野菜のサラダを食べたいと思いますonpu_01.gif
ラベル:ベランダ菜園
posted by konoka at 23:44| Comment(0) | ベランダ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする