2014年01月31日

高知旅 - ゆず精油を訪ねて

ただいま。 ってちょっと遅いけど、昨日の朝東京に帰ってきました。 高速バスで。
早速ご報告!と思ったのですが、パソコンに向かったら自分が揺れていて…
まだバスに乗っている感じだったので、改めることにしました。

さて、今回高知に行ったのは、
前から柚子の精油の抽出を見学したいと思っていて、それが実現しました。
28・29日は天気にも恵まれ、暖かかったです。 (気持ちが熱くなっていたのかも)
高知龍馬空港からレンタカーを借りて、四万十まで行ってきました。
実は最近ペーパードライバー化していたので少し怖かったの。
高速はみんなビュンビュン飛ばすから、回りの景色を眺める余裕はありませんでした。
あともう少しというところ、ナビの指示で曲がったら違う会社に行っちゃって焦りまくりase01.gif
Uターンしてスッ飛ばして目的地へ向かいました。

エコロギー四万十さん。
すぐ近くに四万十川が流れ、檜の山に囲まれたのどかなところfutaba_02.bmp
四万十
敷地内からは爽やかな柚子のいい香りが〜heat-tobi.gif
冷凍されたゆず皮の箱が沢山並んでいました。 (写真撮り忘れたー)
でもそのままの状態で蒸留できるのではなく、中の薄皮と外の皮を分離をしてから
蒸留しなくてはいけないそうで、手間がかかるのだな〜と思いました。

丁度午前中に仕込んだゆず精油の取り出しから見学させて頂きました。
もの凄く大きな蒸留器があってビックリ。 まだ手前にもあるのです。
ゆず精油 - 抽出
蒸留したものは、まだ水とオイルが混ざった状態で左のタンク?に貯められます。
中はこんな風になっているんだよ、と見せて頂きました。
oil抽出
そして取り出したのを何度も丁寧に分離していました。
 
最終的には冷凍して完全に分けるのだそうです。
それだけ手間をかけても抽出できる精油はほんの少し。 本当に大変。

でもそうやって地元の柚子を余す事なく使うことで地域活性に繋がるんですね。
樹木の精油が、子や孫のために美しい森を残そうという想いから生まれているように、
この柚子の精油も地域の農家の人や自然のことまで考えて抽出されているのだと
いうことを、社長さんのお話を聞いていて感じました。
今が一番忙しい時なのに、沢山お話を聞かせて頂いて、とても有意義な時間でした。
頂いた蒸留水(フローラルウォーター)もいい香りでお肌にペタペタ塗ってますonpu_02.gif
ありがとうございました。
ラベル:柚子 精油
posted by konoka at 23:59| Comment(0) | お店作りのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

臨時休業のお知らせ

     1/28〜29日は臨時でお休みを頂きます。

2日間はご連絡・発送ができません。 
翌30日より連絡いたしますので、ご迷惑をおかけしますが
ご了承くださいますようお願い申し上げます。


四国に研修旅行に行くことになりました。
前から見学をお願いしていた業社さんが快く受け入れてくださって
急に日程が決まりました。
精油と土佐和紙めぐりをしてきます。
皆さんに少しずつ、良いものが届けられるといいな〜


posted by konoka at 16:35| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

恋する乙女の のし袋

街中がハート色に染まるこの季節、ハートがいっぱいの「乙女ノのし袋」を入荷しましたkirakira.bmp
横入れタイプなのでチケットと一緒にメッセージを入れたりプレゼントに添えて。
大好きなあの人にもねonpu_01.gif
乙女ノのし袋 - ハート

渋いもの好みの木乃香ですが、バレンタインに便乗してしましました。
お店のサイトカラーが緑や青を基調にしているので、
こんな赤い色の商品を入れると目立つめだつ。
ちょっと可愛すぎて私には恥ずかしいくらいですが、こんなのがあってもいいかな。
恋する乙女たちに使ってもらえたらいいなと思いますheart_02.gif
ハート柄が入っていない 水引リボンの「乙女ノのし袋」もありますよ。

他にもバレンタインのチョコに一緒に添えられそうな、こんなのもあります。
チクチクとクロスステッチをしたようなハートのカード と そえぶみ箋
昨日も紹介した「そえぶみ箋」ですが、これはカードと同じ真っ赤な封筒が付いています。
恋する想い、届きますようにheat-tobi.gif
バレンタインのカード

ラベル:和文具 ハート
posted by konoka at 21:55| Comment(0) | お店の商品 - 和紙雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

富士山と鯛のそえぶみ箋

古川紙工さんのそえぶみ箋から「ふじやま」と「おめで鯛」を入荷しましたkirakira.bmp
ハガキの半分ほどのサイズで小さな小さなレターセットという感じ。
贈り物にメッセージを添えたりメモ帳にもなります。
一筆箋の代わりに使ってくださいねonpu_02.gif
そえぶみ箋 - 富士山と鯛

いつも見ている富士山がこんな可愛いイラストになっちゃうなんて。。。
今朝の富士山です。
コンパクトカメラではこれが精一杯。 (やっぱ望遠レンズ欲しいな〜)
富士山
空気のキレイな日は真っ白な富士山と山のコントラストが本当に美しいkirakira.bmp
拝みたいくらい。 昼になるとガスって見えなくなっちゃう朝だけの風景です。
私にとってはそんな優美な富士山が愛嬌のあるイラストになっていたから
つい仕入れてしまいました。
たい焼きが食べたくなるような、真っ赤な鯛の「おめで鯛」もどうぞonpu_01.gif

ラベル:和紙雑貨 和文具
posted by konoka at 16:15| Comment(0) | お店の商品 - 和紙雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

お風呂に浮かべる檜アロマチップ

東京(多摩産)の桧の間伐材や端材を利用して作ったお風呂の癒しグッズ、
お風呂に浮かべて楽しむ葉っぱ形のアロマチップを販売しました。kirakira.bmp 
お湯が滲みてくるとほんのり檜の香りが漂います。
ヒノキなどの精油を垂らしてお使いになるのもいいですよ。
湯船に浮かんでいる葉っぱを見ていても気分が安らぎます。
いつものお風呂にちょっとプラスして、癒しのバスタイムを楽しんでくださいねfutaba_02.bmp

檜バスアロマチップ

前から企画しながら商品化できず、やっと販売することができた商品です。
障害者更生援護施設で一つひとつ作って頂いています。 木材も無駄にしないで、
障害を持つ人にも仕事として物作りをして貰えたらいいなと思うのです。
お店の間伐材の利用のページも読んで頂けると嬉しいです。

今年は他にもオリジナルの新商品を計画しています。
あれもコレも、やりたいことことがいっぱいあるのだけど
どれから手をつけていいか判らなくなってしまうこの頃。
昔は色々同時進行できたのに。 年かなぁ。
いやいや、ひとつ一つこなしていこう。
スローテンポですが、のんびりお付き合いして頂けると嬉しいです。
今夜はゆっくり体を温めて休みたいと思います。
昨日この商品を中途半端な腰つきで撮影していてちょっと腰が痛いの。背筋も筋肉痛。
おばあさんみたいな発言をしてしまいました。 (^^ゞ
今夜はとても冷えるので、みなさんも風邪をひかないように。
おやすみなさい。


 
posted by konoka at 23:35| Comment(0) | お店の商品 - その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

渋めの 香皿

ちょっと渋めの香皿を焼いてみました。
陶芸 - お香皿
昨年、これよりもっと優しい色合いの香皿を作ったら
案外評判が良かったので、調子に乗ってあれこれ作ってみています。
趣味でやっている陶芸だけど、小さいものならお店に出せるかな〜
お店に出すなら大きさ決めないといけないし、バリエーションも欲しいし…なんて、
土を変えたり大きさ変えたりして試作品ばかりがゴロゴロ増えています。

そんな中で、ちょっと渋めのが作ってみたくなって黒御影の土で焼いてみました。
写真では少しこげ茶色に見えるけど、実物はもっと黒いです。
中央の釉薬は 透明釉(左)と いぶし釉(右)
香皿 - 釉薬違い
いぶし釉の方が黒光りしていい感じonpu_02.gif
でもね。この土、小さいツブツブの石が混ざっているから気を付けないと
テーブルを傷つけちゃう。 
裏にはよーくヤスリをかけているけど、それでも高級な木製テーブルなどには
花瓶敷きの様な布を敷いた方がよさそうです。
そんなもんイヤだ?   じゃあ、やさしい方の香皿を。
こんな店主の手創りですが、いつか少しずつみなさんにお届けできるように
試作はそろそろおしまいにして本焼きにかかろうかな。。。futaba_02.bmp
posted by konoka at 23:57| Comment(0) | 趣味の陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

一人でも中鍋

太陽が出ている日中は南の窓から日が差して本当にポカポカして気持ちがいい。
だけど太陽が沈むと途端に寒くなりますね。 お日様って凄いって思う。
寒い冬にはやっぱり鍋が食べたくなります。 
今夜は一人。 一人でも 鍋はしょっちゅう作ります。
それも25pくらいの2〜3人用の鍋で。
一番よく作るのが水炊き用の鳥の骨つき肉の鍋。 でも水炊きじゃないの。
鳥なべ
圧力釜に先に鳥と生姜を入れて約20〜30分煮る。
これだけで骨の髄からいいダシが出て旨味が増すからこのひと手間は欠かしません。
 (だけどたま〜にハズレがあって、旨みが出ない鳥もあるんだよね…)
それを土鍋に移してありもんの野菜を入れて塩・酒・こぶ茶で味を整えるだけ。
このままでもいいし、ゆず胡椒やポン酢を入れてバリエーションを変えて楽しんでますonpu_01.gif
あ、最近買った柚子酢はかなり使えます。 
鍋にも合うし、手作りドレッシングに加えるとグン!と爽やかkirakira.bmp オススメです。

posted by konoka at 23:59| Comment(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする