2015年03月04日

父の佃煮 ふきのとう

本日 2回目の投稿です。 
きのうのこと。 夕方母から電話がありました。
「今日はお雛祭りだから〜(妹と)二人でうち来て食べない?
ふきのとう をいっぱい頂いたの。 天ぷらにしようと思って… 」と。
アレ? 揚げ物しないはずなのに。 
と思ったら、結局「やって〜♪」ということだったので
実家に行って、ふきのとう と冷蔵庫のありもんで天ぷらを揚げました。
ピチピチ ピチ!「ぉお〜久しぶりにいい音がするな〜」と父が台所を覗きに来ました。
あら〜、そんなに長いこと揚げ物していなかったのね。(仕方ない。80過ぎですがら。)
ひな祭り、全然関係ないけど喜んでくれて良かったなと思います。
春の香り〜heat-tobi.gif この苦味、なんて美味しいんでしょう。。。ごちそうさまonpu_01.gif

それからもう一つ、うちに来ない? には理由がありました。
実は父が作る絶品の フキノトウの佃煮 があるんです!
それをいつか教えてね♪ と言ってあったのを覚えていてくれて、
余りのフキノトウで調理してくれました。
はちみつ・酢・醤油・酒・唐辛子・ごま油、などなど…
三人の女に囲まれての実演でいつもと違ったのか「あ、少し甘くなった!」とか
ブツブツ言いながら… でもやっぱ美味しいkirakira.bmp
沢山あったフキノトウも佃煮にしたら少しになっちゃいましたが
お裾分けしてもらったので、昔焼いた紅志野釉の豆鉢に入れてみました。
ふきのとうの佃煮
見た目悪いけどね、とっても美味しいの。
今年米寿を迎える父の佃煮でした。
お祝いにはまた揚げ物をつくってあげようかな。。。。futaba_02.bmp


posted by konoka at 22:48| Comment(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]