2016年05月20日

父の病気

のんびり過ごしていたゴールデンウィークも終わろうとしていた頃のこと、
父が心筋梗塞で倒れて入院しました。
2回に渡る手術に成功して無事退院しました。  今は元気です。
普通、心筋梗塞で倒れたとなると、死と向き合う程のことだそうですが、
私も私の家族も、病気に対してとてもウトかったようです。

母から電話があったのは、救急車で運ばれた病院からで、
「どうも冠動脈が詰まっているらしいの〜」 と、あまり大した感じでなく、
私が病院に行くと言っても 「大丈夫なんじゃなぁ〜ぃ?」 と呑気な返事。
私も病気には詳しくないので 『冠動脈』のことをネットで調べたら
すぐに「心筋梗塞」 やら 「バイパス手術 」が出てきた。 これは大変じゃない!
そしたらまた母から「これから手術をするのでご家族の方を呼んでくださいって。」… ほら。

手術が終わってレントゲンの動画を見ながら医師から説明を受けた。
カテーテルを足から入れて冠動脈にステントを入れる手術だった。
ぁ…テレビで観たことある。  本当に大変な手術だったんだ…。
あーでもよかった。 成功して。
ところがもう一本、冠動脈が詰まっているらしく、数日後にまた手術をしました。

病気の危険性を後から理解して、もしもの時はどうしよう…と結構考えました。
お店のことも。 そして高血圧持ちの自分のことも。
自分がプッツンした時の事など何も考えていなかったけど、
一人で運営している不安は否めません。 何か対策を考えておかないといけないな…

さて父はというと、
術後の経過も良く、88才という高齢にしては凄く若い!と先生や看護師さんに言われて
調子を良くしたのか、喋るしゃべる。。。 父ってこんなにお喋りだったかな〜と思いました。
でも胸の痛みは心臓の病気ではなく、昔ヘビースモーカーだったので
肺が悪くなったと思っていたようです。
「最近胸が少し痛んでも数分すれば治まったし…」 なんて、恐ろしいことを言ってました。
あぁ、そんなんで我慢していたら今頃はいないかも知れません。
早い適切な処置が本当に人の命を左右するんですね。
私も病気について少し知識をつけておかないといけないなと思いました。

今ブログを読んでくださっている方も、なんかおかしい!? と思ったら
自己診断しないでどうか早めに病院で診てもらってくださいね。futaba_02.bmp
色々な反省と諸々考えたこの頃でした。


posted by konoka at 21:54| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]