2013年05月27日

檜の葉

ヒノキ関連の商品をアップする時やバナー作ったりするのに、
檜の葉の写真が欲しいなぁと思って画像を探しても、
著作権があったりイイ写真は案外お高く売っていたり…
かと言って山で枝を折って持ち帰るのはマナー違反。 容易ではありません。
気に入ってる1枚の写真を使い回しています…。

先日、お世話になっている精油の業者さんに
ヒノキ精油と一緒に葉を少し送ってください、とお願いしたら
こんなに送ってきてくださいましたkirakira.bmp   土佐の高知の檜です。
手に届くところにありますから又いつでもどうぞ♪ って。
ありがとうございますonpu_02.gif
ヒノキ - 葉

そうですよね〜。  まわりは森だらけ。 精油の業者さんていうより、
木を育てるとこから始まって、どっさり出る間伐材を捨てないことに懸命に努力されて
いるのだから、桧はいくらでもあるんですよね。

さっそくパチパチ撮りました。  いいイメージ写真ができるといいな〜
どんな部分が使えるがわからないから、モデルの土佐ヒノキくんを色々ポージングさせて
あっちから こっちから撮影。  ありがたい。
今ここの建物が修繕中で目の前の緑を見れないから余計にありがたい。
バケツに入れちゃって色気ないけど、しばらく観賞させていただきます。 観葉樹木ki_01.gif


ところで、檜の葉って見分けつきますか?  なんて、私も判るのはヒノキと杉くらい。 
似たような翌檜(あすなろ)や椹(さわら)と一緒に並べられたらチョット困る。
違いは葉の裏にハッキリ出るようです。
ヒノキ - 葉の裏
ヒノキの葉裏はこんな風に Y の字がキレイに見えます。
檜かな?と思ったら葉の裏側を見てみましょう♪
香りを嗅いでも檜の香りがしないから違う? と思うかもしれません。
多くの人がイメージするあの檜風呂の香りと違って葉の部分は柑橘系の香りなんです。
私も最初、その違いにビックリしました。

これから夏にかけて、この葉から放出されるテルペン(精油成分)の量が一番多くなります。  
真夏に山登りしてヘトヘトに疲れても意味ないけど森林浴効果を求めるなら夏がオススメ。
pika.gif足を使わないでもっと手近に済ませるなら木乃香でヒノキの精油をどうぞ♪
天然のテルペン類入ってますよfutaba_02.bmp

ラベル:ひのき ヒノキ
posted by konoka at 20:52| Comment(0) | ヒノキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

ひのき精油 重曹クレンザー

いつも使っている ヒノキ精油の重曹クレンザーがなくなってきちゃったので作りました。

前にも ヒノキ精油5ml の紹介で話したけど、コレ本当に便利だから作って欲しいなonpu_02.gif
※作り方は、重曹100g に対して精油を20滴くらい入れて混ぜるだけ。

ヒノキ 重曹クレンザー
おもに台所で使っているのだけど、グラスも綺麗になるし、焦げつきにもいいし
シンクにはクレンザーにお酢をチョイとかければ ジュワ〜っと泡が立ってより効果的♪
フリフリする度にヒノキの爽やかな香りがして気分がいいです。

クレンザーとしての用途はもちろん、重曹は臭い消しにもなるから生ゴミにかけたり、
玄関や下駄箱の消臭にもどうぞ。 ヒノキの消臭効果とダブルでいいです。
お風呂洗いや水回りの掃除にも使ってねonpu_01.gif
ヒノキ 重曹クレンザー 詰め

私はこんなハチミツの容器に入れています。 片手でパチッと開くから便利。
新しい容器がやっと空になったのだけど、前のよりちょっと口が小さくて入れづらい。
写真ではわかり辛いけど、使い込んだ右の容器の大きさの方がいいです。
100均で売っているドレッシング入れなんかもいいかもしれませんね。

昔はずっと定番のミヨシのクレンザーを使っていたけど、コレばっかりになりました。
ミヨシのクレンザーなんて、知ってる人も少ないんだろうな。。。

ラベル: 精油 アロマ
posted by konoka at 00:45| Comment(0) | ヒノキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

檜との出会い 1 - 檜の香りが好き

いつの頃からだろう…。  檜の香りに触れるたびに癒せれていた。
初めてその感覚に出会ったのは、幼い頃に親が持ち帰った酒枡だった。
なんだか落ち着くいい香りの枡の匂いをずっと嗅いでいて、
それが『檜』という木で作られていると知った。
大人になってからも「いい香りの木だなぁ〜」と思うとそれが檜だったりして
幾度かヒノキの香りに出会ってきた。
      倉沢のヒノキ

 建築の仕事をしていた頃、高知県のある製材加工所から
「桧の間伐材を利用したログハウスを作りたい」という相談があって開発に参加した。
間伐材? …初めて耳にした言葉だった。
建築材料の柱に使える木を育てるために、邪魔になる木を間引いた木材のことだ。
その頃の私は、その方たちが何故そんなに間伐材利用に必死になっているのか
今ひとつ理解できていなかった。
資源を有効利用しようとするエコロジーな事業だなぁと共感しながら図面を引き、
会社にあった桧のログの部材に時折鼻を近づけては、その香りにまた癒されていた。
もう20年ほど前のことだ。 私が製材加工所と思っていたその会社は木を育て、
森林の管理〜製材〜加工までを一貫して行っている会社だった。(失礼ごめんなさい)
高知県はなんと県土の約4割が森林の面積にあたる。
もしその広大な森林の整備が行われなければ山は荒れ果てしまう。
今みたいにエコだ、CO2削減だ と騒がれるずっと前から環境問題と、
木材価格の低迷からくる日本の林業の危機感とに真剣に向き合っていたのだki_01.gif

そんなことを最近ようやく噛みしめる私…。
      倉沢の檜
檜との出会いの記憶に話を戻そう。
木造住宅の会社にいた頃の私は、完成間近の建物より棟上げしたばかりの現場に
いるのが好きだった。  檜の柱に囲まれた軸組の現場は、清々しい木の香りと、
大工さんたちの材木を削る音や釘を打ちこむリズム感のある音が相まって、
とても心地いい空間だった。   ここでもやはり木の香りに癒されていたfutaba_02.bmp

しばらく檜の香りから離れていたある時、友人宅の洗面所の石鹸からヒノキの香りがした。
海外のお土産らしいがどこの国か忘れたそうだ。外国製で檜の香り?と不思議だったけど、
あ〜また大好きな香りに久しぶりに会ったのだ。

もう何年も前になるがまたある時、なぜか100円ショップで木曽ヒノキの精油を見つけた。
100円ショップは精油じゃないアロマオイルも多いが、製造元名からしてバイオマスの
研究をしている会社が作ったものらしく、紛れもなく精油(エッセンシャルオイル)だった。
私にとって初めての精油。   瓶の蓋を開けると芳潤な香りが広がった。
わぁ〜好きだ!  やっぱり好きな香りだ!  私は檜が好きなんだpika.gif
ヒノキの香りの記憶が一気に甦った。 でも折角買ったのに、たまに香りを嗅いで
癒されるだけで、暫く1〜2年は使えないでいた。 使い方もわからなかったのだ。
いつの間にかアロマブームになって、使い方の紹介を手本に色々試した。
10mlの精油はみるみる減っていき、私はこのヒノキの精油を探そうとネットで調べたが
辿り着けずにいた。

(つづく)
ラベル:
posted by konoka at 20:00| Comment(0) | ヒノキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

檜との出会い 2 - 精油と林業

(1 のつづき)

檜について調べているうちに、私たちにとってありがたい効能や林業との
深い関わりがみえてきた。
檜の精油は、森を守っていくために作られた、
林業に携わる人たちの森林保護の想いが込められたものだった。
森林整備のために伐採した木や枝葉を、捨てることなく精油の抽出に利用していたのだ。
そう、間伐材の有効利用だったkirakira.bmp
間伐材利用の収益をまた森林整備に使い、森林資源の循環を行っていた。
なんて凄いことだ。

「間伐材」という言葉を初めて耳にした時の、あの林業の方たちを思い出した。
輸入材が安価に入ることで日本の木材価格が低迷し、適正な管理がされないまま
放置されている森林も多い中で、しっかりと森林を管理し、森の資源を有効活用して
また森林保護につなげている。
林業衰退の危機を感じていたからこそ必死になっていたのだ。

本当は日本の木材の流通が盛んになることが一番なのだろうけど、
苦しい現状の中、日本の森を必死で守ろうとする方たちがいる。
間伐材を利用した木製品や精油はそういう方たちによって生まれた森の産物なのだ。

私はそれを届けようpika.gif
大好きなヒノキの香りと共に、森を大切にしている人たちの想いを伝えよう。
見つけてもらうのが難しいネット上の小さなお店で、香りも伝わり辛いけれど、
国産の樹木の精油を知ってもらって、使う人が少しずつ増えていくことで
「森を大切にすること」に繋がるように、発信していこうと思いますfutaba_02.bmp


* 添え書き
あの100円ショップで買ったヒノキの精油は今も手元にある。
ヒノキオイル
もう10年もの くらいになるのだろうか…。  今も良い香りがする。
失礼になるかと思いながら、木曽ヒノキ精油の生産者の方に聞いてみた。
なんとそれは精油抽出の開発をしていた頃の協力会社のものだと判った。
もうあと2mlほどしかなくて、勿体なくて使えない。
時折蓋を開けてこっそり楽しむことにしよう。。。onpu_01.gif


※ 長文を最後まで読んでくださって ありがとうございました。
ラベル: 精油
posted by konoka at 20:00| Comment(0) | ヒノキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする