2018年02月18日

お香教室-お線香

ちょっとブログに書きそびれたこと…
だいぶ後出しになっちゃったけど、今月初めにお香の教室を開催しました。
陶芸の先生のご厚意でお教室をお借りして、実際のお教室のための練習です。
つまり、いつも教わっている先生に教えることになりました。
通常初回は常温で楽しむ匂い袋から始めるのが良いのですが、
今回のリクエストはお線香。
白檀をメインに調合する、白檀香を作って頂きました。
お香の原料は 常温・温め・燃やす ことで全く異なる香りになるものがあるので、
ひとつ一つ、常温の香りと燃やした時の香りを聞いてもらいながら
簡単なお香の歴史やお線香についてのお話しをしました。
皆さん和の事が好きな方なので私も熱が入っちゃって、ちょっと時間が延びぎみ。 
甘めの香りと爽やかな香り作りをテーマに、さあ調合。

お香教室-お線香

サッサと香りを決める人、すご〜く悩む人、色々違いが出るものですね。
甘い香りはお一人で、他の方は爽やかより渋系好み とまた面白い。
タブ粉と水を入れて練り上げ、苦戦しながらも、
コーン型とスティック型の二種類を作りました。

人に教えるのは難しいですね、今回はとても勉強になりました。
ああした方が…、こうすれば良かった。と色々反省はありますが、
皆さん、お香作りを楽しんで頂けてよかったです。onpu_01.gif
アドバイスも色々頂きました。ありがとうございます。
さあ、どんなお線香になったかな。。。futaba_02.bmp


posted by konoka at 23:58| Comment(0) | 手作り * お香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

新年の部屋香 - 匂い袋

akeome.gif

あけましておめでとうございます。
木乃香は本日から営業です。 
新年早々からご注文を頂き、また一層頑張らなくちゃと思っています。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。



今年は暖かいお正月ですね。 お正月はゆっくり過ごされましたか?
私は元旦は手料理を持って実家に行き、2日は家族で新年会をしました。
暮れに作った部屋香を玄関に飾りましたよ。kirakira.bmp 
新年の部屋香-匂い袋
先月初めに調合したのですが、しっかりした裂から香りが出るには少し弱い気がして
香原料を加えて調整しました。  
中には訶梨勒(かりろく)の実(訶子)を1つ入れて。
部屋香-匂い袋の原料
かりろくの実は、古来から病を治す薬として重宝されました。
この実をかたどった香袋は今では飾り全体を 訶梨勒 と呼び、魔除け・邪除けのお守りとして
茶席や慶事に柱に吊り下げて飾られます。
参考に、昨年 日本結び文化展で撮影させて頂いた訶梨勒を掲載します。
訶梨勒-かりろくの実
渋い緞子の素敵な訶梨勒ですねkirakira.bmp
今では香原料が入り、匂い袋のひとつにもなっていますが、
本来は左に見える訶梨勒の実を12個、閏年には13個入れたそうです。
今年は閏年なので、13個置かれているのですね。
こういう素敵な掛け香を飾る場所があればいいのだけど…
渋い日本間も柱もない我が家には、大きな匂い袋の部屋香が合ってるみたいです。
でも折角玄関に飾って息子たちを迎えてもスルーでした。 男子って淋しい…down01.gif
今日は宅配のドライバーさんを新年の香りでお迎えしましょ onpu_01.gif
さあさあ、気を取り直して今年もお仕事がんばりますよーup01.gif

posted by konoka at 14:33| Comment(0) | 手作り * お香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

匂い袋の香作り

もうもう、もの凄く暑いですね。
一度冷房を入れるとずーっとになってしまうので、午前中はなるべくエアコンを入れないで
市販のひんやりタオルに檜と薄荷オイルの薄めたのをスプレーして、首に巻いています。

最近の私は何をやっているかというと…
匂い袋用のお香を作っています。 匂い袋に入れる中身の試作です。
檜の香りが好きなように、私はお香も爽やかな香りが好きonpu_02.gif
特にこんな暑い夏には涼やかな、香りがいいですね。
ちょっと小股の切れ上がった姉さんが通り過ぎた途端 「ええ女やな〜」と
思わず振り返ってしまうような…そんな香り。  (なんで関西弁? イメージ、妄想です。)
でも香りの好みは人それぞれで、そんな香りを好きな人ばかりじゃないですよね。
やさいし甘い香りが好きだったり、ちょっと切ない香りや落着きのある香り…などなど。
言葉で表すは難しいけど、○○な甘い香り― の、○○の部分で悩んでます。
それでこんな風に試作して、サンプルばかり増えています。
匂い袋用 香作り
奥は元。手前はそれに麝香チンキを加えて…と、いくつも嗅ぐと鼻がおかしくなってきます。
やれやれ、いつになったら商品になるのか…
匂い袋は今作って ハイ出来上がり!ではなく、3ヶ月先を目指して作りなさいと教わりました。
香りが全体に馴染んで少し落ち着くまで様子をみないといけません。
うーん、まだまだ時間かかるかな。 
こうして作っていると、最初は2種類にしようと思っていたのに3種もいいな〜なんて思います。
余計なこと考えずに早よ出さんかい!ですね。 のんびりですみません。 
販売すると言ってたのに、いつにななるのかしら木乃香さん、とお待ちのお客さま。
必ず出しますのでどうぞお待ちくださいますように。

あ、雲行きがおかしい。  ゴロゴロ鳴ってます。
雨、来たー!  ザッと降って、少し涼しくなって欲しいな〜。
今日はこれから夜に、お香の復習に行ってきます。  まだまだ勉強しなくちゃです。
いつか一緒にお香作りを楽しみましょうね onpu_01.gif

posted by konoka at 15:44| Comment(2) | 手作り * お香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

お経教室*卒業制作

匂い袋と練り香を作りました。
お香教室、香司講座の卒業制作用です。
明日はいよいよ修了式。 
式だけじゃなくて筆記試験もあるのに今頃まだこんなことやってるの。

練香と匂い袋
練香はきのう丸めました。 出来立てのホヤホヤ〜。
先生が1個でいいとおっしゃるからチョイ大きめのを1つ入れました。
このままじゃ提出できないから、1つずつ大げさ過ぎない和の包みにして
さらにお題と趣意文(コンセプト)、調合表を添付してやっとさっき終了。

このブログを読んでくださってる方は気付いてますよね。
出た。 また例の文様だ〜、 なぁんて思っているでしょ。
そうですよ〜、だって好きなんだもの。heat-tobi.gif
いつも浅草橋からお教室まで行っていて、
この界隈は人形の久月とか吉徳をはじめ人形店が多く、材料のお店もあるので
そこでこの七宝の裂を見つけた時には即買いでした。(^^ゞ
今回のお題にも合っている感じがするし、見つかってよかったonpu_01.gif
お題は…ナイショ。 これからお教室に通われる方もいるので公開できないんです。

私が通っていたお香教室は、蔵前 鳥越神社近くの「薫物屋香楽」。
最初、自分には贅沢な投資かな〜と思いましたが、色んな意味で受講してよかったです。
まだまだ人に教えるなんて、という気もしますが一緒に楽しめるといいですねonpu_01.gif

さあ今日はもう発送も終わったし、これから試験勉強します!
明日はそんな訳でお店の方はお休みさせて頂きますね。
頑張るぞーbikkuri.gif

posted by konoka at 17:44| Comment(0) | 手作り * お香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

お香教室 * 印香

今日は夕方になって急に冷え込んできたのでホットカーペット出しました。

あー、一昨日はとうとうお香教室の最終日でした。
約半年、あっと言う間に過ぎてしまい、なんだか淋しいです。
でもでも、授業は終わりましたが一週間後には卒業試験があるんです!
筆記試験と卒業製作の課題がふたつ。
お題に合った練香と匂い袋を作って提出しないといけません。
さっき匂い袋の調合をしていましたが、あまりクンクンし過ぎて鼻がおかしくなりました。
あと少し何か足りないけど、また明日にしよう。     
(練香も作らないといけないし、勉強もしないといけないし、お店の商品も出したいし、
本当はどうしよどうしよ なんだけど…。)

はい、ではまた授業を振り返って  * - - - - 印 香 - - - - *
街中で、この様な色とりどりの印香を時々目にしますよね。 可愛いいonpu_01.gif
市販の印香
でもどうやって使うのかしら? と思いませんか。
説明書には、そのまま玄関などに置いたり、文香のようにお手紙に入れたり
線香と同じように燃やして香りを楽しむこともできます。…のように書いてあったりします。
ふ〜ん、そうなんだぁ と私も思っていましたが、
印香は「練香」のように温めて「空薫」(そらだき)で楽しむものなんですね。
だから置いているだけで芳香するものではないんです。 
仏様用ではなく観賞用として作られたので、型も色々デザインが工夫されて、
現在ではそっちの方が一般用として多くなっているみたいです。
とても可愛いけれど、ちょっと合成の香りが強すぎるな〜っていうのもあります。
それが「印香」なのだと私も数か月前までは思っていました。

お教室では天然の香料だけで作っています。 だから着色もなくてこんなに地味。
昔ながらの作り方で「ふのり」で固めています。
これは 沈香 を主原料とした印香。
沈香の印香
お正月用に松竹梅にしたかったけど、大きな梅の型抜きが難しかったので、
瓢箪と千鳥も参加。 カビ防止と色付に炭を少し混ぜています。

もう一つは 白檀 が主原料の印香。
白檀の印香
やさしい香りなので、全部 桜の花びらで型を抜きました。sakura.gif
こんな風に、お教室で作った様々なお香がいつの間にか沢山になっちゃって、
これからゆっくり楽しみながら、また反省しながら聞きたいと思います。onpu_02.gif

あ、もう日付が変わってしまいました。 
また寒い日になりそうなので皆さん風邪をひかないように。 おやすみなさい。

posted by konoka at 00:58| Comment(0) | 手作り * お香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする