2015年06月13日

懐紙の使い方・楽しみ方

この間、次回にと言いながらお待たせしちゃった 懐紙の使い方。 
懐紙(ふところがみ)とも言うように、昔の女性はいつも懐に入れて
ハンカチやテッシュのように使っていたのもの。
本当は懐紙を使ってみたいけど、茶道や和菓子だけに使うものなの?
と ためらっていた方も、むずかしく考えずに気軽に使って頂きたい 懐紙。
茶席での使い方はそれぞれの流派に沿っていただいて、
ここでは今までに紹介した一般的な使い方をまとめますね。

      * − − − − *  懐紙の使い方  * − − − − *
改まった和食の席で
 気軽な食事は別にして、懐石料理など改まった席では懐紙を使いたいですね。
料理を口元に運ぶ時の受け皿代わりに(わを手前に)。 左手で受ける手盆は控えましょう。
つま楊枝を使う時や口の中の小骨などを出す時に、懐紙で口元を隠します。
焼き魚などの手を添えないと食べ辛い時は、懐紙の上から手で押さえると手が汚れません。
グラスに付いた口紅を拭いたり、口元を抑えたり、手や箸先の汚れを落とすのに便利です。
※使った懐紙は必ず持ち帰りましょう。
  
お茶菓子を出す時に
そのまま二つ折りでもいいのですが、左右をずらして折る場合は決まりがあります。
わを手前に、必ず 右 が上になるように折りましょう。
和菓子に懐紙-折り方   
紙ナプキンと同じように、折らずに広げてお菓子を盛るのもいいですね。
この様なお食事やお茶菓子にだけでなく、懐紙はもっと色々に使えるんですよ。
だって、素敵な和紙で作られているんだものkirakira.bmp その風合いを生かして楽しみましょうonpu_02.gif

ぽち袋として
急なお金のやりとりに、ぽち袋の代わりに懐紙に包んで渡しましょうonpu_01.gif  
いつもバッグに懐紙を入れていると、とっさの時に役立ちます。
ひとつ、柄入りの懐紙で一番簡単なお金包みを折ってみましょう。
四ツ折りのお札を中央に置いて、右が上になるよう 左→右→ 裏へ上→下の順に折ります。
裏から見た時は上向きに開放するように、上の紙を下に挟み入れます。
懐紙でぽち袋-折り方

箸袋を折る
懐紙で箸袋を折ってお客様をおもてなししましょうonpu_01.gif  
柄物の懐紙を楽しんだり、透かし懐紙に色和紙を重ねたり、帯を付けるのも素敵です。
懐紙で折る箸袋   
折り方は下のように、前は必ず向かって右側を上にします。 (着物の合わせと同じです。)
懐紙で箸袋 - 折り形
※お箸はできるだけ 国産の割り箸 を使いましょう。 理由はお時間あったら読んでね。
ポイント
上の三つので何か共通点に気づかれたと思います。 
そう、折る時は 右前に合わせ、上向きに開放する のが基本です。
贈られた方が右手で開けやすいように、光が差し込むように、などの理由があります。
逆の折り方は凶の合わせ方になります。 不祝儀袋も下に伏せていますね。
ここだけ抑えておけば大丈夫!  あとは自由に楽しみましょ onpu_01.gif

※実は、先日の金魚の懐紙の裏面「箸袋」の折り方が逆の合わせになっていました。
  間違えて覚えるといけないので、ここでちょっと補足させて頂きました。
他にもこんな使い方
ちょっとしたメーセージを伝える時に、メモ帳や一筆箋の代わりに使えます。
小さな贈り物のラッピングに。熨斗紙のように掛けて、水引を結んでも素敵ですよkirakira.bmp

どうぞ懐紙を楽しんで使ってくださいねonpu_01.gif      木乃香の懐紙・敷紙のページ

posted by konoka at 23:57| Comment(0) | 和紙の楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする